事業内容

令和 2 年度事業計画

1.事業目的

 令和元年度においても引き続き、OSSを活用できる技術者や情報関連企業の育成・支援に取り組むとともに、OSS等による情報システム導入の効果を県内のユーザー企業・団体等にも広く普及し、その成果を全国へと発信することにより、本県産業の振興や雇用の促進、地域活性化に繋げていくための取組みを行う。

  

2.事業概要

(1)とくしまOSS勉強会の開催

 OSSやRubyを活用したソフトウェア開発を行う技術者等を育成支援するため、OSSをテーマとした勉強会を開催する。

   

(2)ICT(愛して)とくしま大賞への参画

 ICT(愛して)とくしま大賞にOSS普及協議会賞を設置し、OSSの普及につながる作品を表彰する。

  

(3)次代を担うICT技術者等育成支援事業の実施

 本県の次代を担う技術者等が、産・官・学の垣根を越えて、主体的に実施する勉強会やイベント等の取り組みに対して助成等の開催支援を行う。

  
(4)一般社団法人徳島県情報産業協会との共催事業の実施

 徳島県情報産業協会が企画するOSS関連セミナーを共催することにより、県内のOSS技術者等の育成支援を行う。

    

(5)地方自治情報化推進フェアへの出展支援
 日本最大規模の情報産業関係の展示会で、自治体情報化担当職員が多数来場する「地方自治情報化推進フェア」への出展支援を通じて、地場企業のOSS製品の販路開拓を図る。

 

(6)総会・幹事会等の開催

 とくしまOSS普及協議会の円滑な運営のための総会・幹事会等を開催する。

     

(7)協議会ホームページによる情報発信

 協議会ホームページを通じて、会員の情報共有及び協議会活動の情報発信に努める。

 

令和元年度実施事業実績 

1.会議

(1)通常総会:令和元年5月28日

(2)幹事会:令和元年11月6日

 

2.セミナー・講習会等

(1)OSS交流サロン:令和元年5月28日

(2)とくしまOSS勉強会(いずれも新型コロナウィルス感染拡大の影響により中止)

  • 第21回「構成管理ツール『Ansible』ハンズオン」:令和2年2月21日
  • 第22回「コンテナ型仮想化ソフト『Docker』ハンズオン」:令和2年3月6日
  • 第23回「分散処理マルチテナント対応検索エンジン『Elasticsearch』ハンズオン」:令和2年3月13日

 

3.プログラミングコンテスト

 第 9 回ICT(愛して)とくしま大賞のテーマ部門において、「とくしまOSS 普及協議会賞」を設置し、OSS の普及・利用拡大につながる OSS を活用したプログラムやアプリなどの作品を募集した。

  • とくしまOSS普及協議会賞
    • 「マイクロビットボウリング
      •  足代小学校2019年度5・6年生

 

4.オープンソースカンファレンス2019 Tokushima の共催

  「オープンソースの『今』を伝え、オープンソースの普及促進を図る」全国規模のイベントであるオープンソースカンファレンスを、四国大学の全面協力のもと、徳島で3度目となる開催を支援した。

  • 開催日時:令和元年10月19日
  • 会場:四国大学交流プラザ
  • 主催:オープンソースカンファレンス実行委員会
  • 共催:四国大学・とくしまOSS普及協議会
  • 協賛:徳島大学・徳島文理大学・阿南工業高等専門学校・穴吹カレッジ・一般社団法人徳島県情報産業協会
    • 来場者  約 200名
    • 展示   28ブース
    • セミナー 28セッション

 

5.地方自治情報化推進フェア2019

 日本最大規模の情報産業関係の展示会で、自治体情報化担当職員が多数来場する「地方自治情報化推進フェア」への出展支援を通じて、地場企業が開発したOSS製品の販路開拓を支援した。

  • 開催日時:令和元年10月10日~11日
  • 会場:東京ビッグサイト 青海展示棟
    • 総来場者 5,970名
    • 徳島県ブース来場者 約1,000名
    • 過去4年間の商談数 77件(うち成約数7件)