規約

 

とくしまOSS普及協議会設置規約

 

(名称)

第1条 本会は、「とくしまOSS普及協議会」(以下「協議会」という。)と称する。

 

(目的、基本理念)

第2条  協議会は、オープンソース・ソフトウエア(以下、「OSS」という。)を活用できる技術者や情報関連企業の育成・支援に取り組むとともに、OSS等による情報システム導入の効果を県内のユーザー企業・団体等にも広く普及し、その成果を、全国へと発信することにより、本県産業の振興や雇用の促進、地域活性化に繋げることを目的とする。

 

(事業)

第3条 協議会は、前条の目的を達成するため、以下の事業を行なうことができる。

(1)研究会、講演会、セミナー等の開催

(2)技術力向上のための人材育成研修等の開催

(3)OSS推進に関する学術的研究、調査の実施

(4)県内外関連団体との連絡、交流、協働事業の実施

(5)OSSに関心のある大学生等に対する技術学習機会の提供

(6)上記の取組成果等の全国への発信と新たな市場の創出・拡大

(7)その他前条の目的を達成させるための事業及びその受託

 

(会員及び入退会等)

第4条 協議会は、徳島県におけるOSS普及に関わる産・学・官の諸機関・団体、個人等をもって構成し、協議会の趣旨に賛同する者は誰でも入会の資格を有する。

2 会員は、正会員、賛助会員とする。

3 正会員は総会における議決権を有する。

4 本協議会に入会しようとする者は、書面をもって申し込み、幹事会の承認を受けなければならない。

5 本協議会を退会しようとする会員は、書面をもってその旨を届け出なければならない。

6 会員は、それぞれの役割に応じて、協議会が行う事業に積極的に協力するとともに、自らOSSの普及に向けた取り組みに努めるものとする。

 

(役員)

第5条 協議会に次の各号に掲げる役員を置く。

(1) 会長 1名

(2) 副会長 2名以内

(3) 幹事 7名以内

(4) 監事 2名以内

2 会長及び副会長は会員の互選により選任する。幹事及び監事は会長が選任し、協議会の承認を得た者とする。

3 会長、副会長、幹事、監事の任期は2年とし,再任は妨げない。

4 役員は無報酬とする。

 

(職務)

第6条 会長は、会務を総括する。

2 副会長は、会長を補佐する。なお、会長に事故ある時は、その職務を代行する。

3 監事は、協議会の会計監査を行う。

 

(総会)

第7条 総会は、毎年1回会計年度終了後3ヶ月以内に会長が招集する。また、会長は必要に応じて臨時総会を招集することができる。

2 総会の議長は会長が努める。

3 総会は、議決権を有する会員の過半数の出席をもって成立する。

4 議事は、出席会員の過半数をもって決し、可否同数の時は、議長の決するところによる。

5 やむを得ない理由により総会に出席できない会員は、あらかじめ通知された会議に付議すべき事項について、書面をもって議決するか、または代理人に議決を委任することができる。

6 前項の場合において、第3項及び第4項の適用については、その会員は総会に出席したものとみなす。

7 総会の議決事項は次のとおりとする。

(1)事業報告および決算

(2)事業計画および予算

(3)会則の制定、改正

(4)役員の選出、改選

(5)その他必要と認められる事項

 

(幹事会)

第8条 協議会に幹事会を置く。

2 幹事会は、会長、副会長及び幹事をもって構成する。

3 会長が幹事会を主宰する。

4 幹事会は、第3条に規定する事業の執行に関する事項、その他会長が必要と認める事項について審議する。

5 前項に定めるもののほか、幹事会の運営に関し必要な事項は、会長が別に定める。

 

(部会)

第9条 協議会に関する企画運営および各事業を遂行するため、部会を置くことができる。

2 部会長は幹事の中から会長が指名する。

3 会長は部会の運営状況について報告を求めることができる。

 

(会計)

第10条 協議会の経費は、事業の実施に伴う負担金、協賛金、その他の収入をもって、これに充てる。

2 協議会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わるものとする。

ただし、協議会の発足した年度については、発足の日に始まり、当該年度末に終わるものとする。

3 各会計年度における歳出は、その年度の歳入をもってこれに充てなければならない。

ただし、毎年度の決算において確定した剰余金については、総会の議決により翌年度に繰り越して使用することができるものとする。

 

(事務局)

第11条 協議会の事務局を徳島県経営戦略部スマート県庁推進課内に置く。

 

(会費)

第12条 原則として会費は徴収しない。ただし、総会における決定を経て徴収することができる。

 

(規約の改正)

第13条 この規約は、総会において出席者の過半数の議決により改正することができるものとする。

 

(委任)

第14条 この規約に定めるもののほか、協議会の運営について必要な事項は会長が別に定める。

 

 

付則

1 この規約は、平成24年7月17日から施行する。

2 この規約は、平成28年6月10日から施行する。

3 この規約は、平成29年5月29日から施行する。

4 この規約は、令和元年5月28日から施行する。