ICT(愛して)とくしまフォーラム開催結果について

公開日 2013年11月06日

10月31日(木)、とくぎんトモニプラザにて「ICT(愛して)とくしまフォーラム」が開催されました。

多くの方にご来場いただいた中、始めに徳島県知事・飯泉嘉門氏からご挨拶をいただきました。

 

知事挨拶.JPG

 

フォーラムの第1部として「第3回ICT(愛して)とくしま大賞表彰式」が行われました。
OSS・Ruby部門応募作品の中で最も評価の高い作品に贈られる「とくしまOSS普及協議会賞」には、

イベントリキシャーチーム制作の『まど子「おまはん、どこ行きたいんえ?」』が選ばれました。

 

イベントリキシャーチーム受賞.JPG

 
受賞した『まど子「おまはん、どこ行きたいんえ?」』は、過疎地域での移動手段の確保を目的として、

第三者の自動車への「相乗り」に着目し、電話の自動音声システムを用いた「配車予約・相乗り」を

行うためのシステムです。

 

php、XMLでの制作、各社提供のAPIを活用した技術面や、過疎地の移動手段という過疎地が抱える

課題を解決するためのシステムということが高く評価されました。

 

 

また、惜しくも受賞を逃した作品の中から、徳島の魅力発信につながり、将来性のある作品を表彰する

「奨励賞」に、松下樹里氏(ppdd)制作の『TOKUSHIMINING』が選ばれました。

 

PPDD受賞.JPG


『TOKUSHIMINING』は、Ruby on Railsを用いて開発しており、徳島県内外に向け、徳島県の名産や

名所をゲームを通じて発信するアプリです。
画面上の資源アイコンにマウスオーバーすることで「すだちポイント」を取得し、取得された資源アイコン

から関連するホームページにアクセスすることができるゲームとなっています。


なお、受賞作品の概要は別添のとおりです。

 

とくしまOSS普及協議会賞.pdf(192KBytes)

 

 

第2部では、ジャーナリスト/メディア・アクティビストとして様々なメディアでご活躍中の、津田大介氏を

講師に、「つながるチカラ ~ソーシャルメディアは「動員の革命」だ!~」と題された講演が行われました。

 

ソーシャルメディアと他メディアとの違いや、ソーシャルメディアが何故これほど世の中に普及したのか、

そして世の中に何をもたらしたのか等、大変興味深いお話をお聞かせいただきました。

また、講演終了後も聴講者との熱心な質疑応答が交わされました。

 

質疑応答.jpg