第2回OSS交流サロン開催結果について

公開日 2012年11月22日

平成24年11月16日(金)に徳島健康科学総合センターにて行われた「第2回OSS交流サロン」の概要について掲載します。

 

 当日は、26名の皆様のご出席をいただき、4つの発表テーマと1つの施策紹介に関わる意見交換等を行いました。

1  社団法人徳島県情報産業協会 外山邦夫会長

 

  「島根県松江市におけるIT関連企業視察の結果報告」


  島根県と松江市が協調し、「Ruby」と「アジャイル」による産業振興に取り組んでいる事、本県においても

 Ruby技術者等の育成が必要であることなどについて報告がありました。

  

 

2 徳島大学 上田哲史 教授

 

  「OSSを使用した査読出版システムの紹介」

 

  国際会議などで必要とされる論文等の査読・出版システムについて、上田先生が、PHPやMySQLなどのOSSを
 利用して自ら開発したシステムについて、ビジネス面での利活用の観点も含め、ご紹介をいただきました。


3 四国大学 細川康輝 講師 

 

  「電子文書の編集作業におけるOSS活用事例」

 

  徳島大学の上田先生が開発されたシステムを、商用製品で実装された箇所をOSSを用いて改良し、構築した事例について
 ご報告をいただきました。


4 徳島県情報システム課 島田専門員、山本主任

 

  「オープンソースカンファレンスHiroshima参加報告」

   オープンソースカンファレンス広島へスタッフとして参加した際の報告があり、2013年3月9日に徳島で開催される

 オープンソースカンファレンスに向けての準備等についての発表がありました。

 

 

5 施策紹介

  当協議会と(社)徳島県情報産業協会が共催で、11月27日(火)に実施する「JoruriCMSインストール講習会」及び12月14日(金)に実施する

 「mRuby講演会」について紹介がありました。 

 

 

 

DSCF2367.jpg