第4回OSS交流サロン開催結果について

公開日 2013年01月23日

平成25年1月18日(金)に徳島健康科学総合センターにて行われた「第4回OSS交流サロン」の概要について掲載します。

 4つの発表テーマでの意見交換等を行いました。

 

 

1 株式会社STNet 田口理事・営業本部副本部長

 

  「データの地方分散ニーズに対応した西日本最大のデータセンターを建設するSTNetの取組み」

   

  今回は、高松からわざわざお越しいただき、震災を契機に、企業の災害対応・システムダウンに対応するニーズが高まっている中で、

 様々な視点から検討した上で高松にデータセンターを設置した経緯や、その設備の紹介などがありました。

 

 DSCF2954.jpg

 

 

2 徳島県情報システム課 環主任

 

 「徳島県における標的型メール攻撃事象とその対応について」

   

  徳島県にこれまで送られた標的型メールの内容や日頃のセキュリティ対策などについて紹介がありました。  

 

 DSCF2975.jpg

 

 

3  日本システム開発株式会社 武村様

 

  「OSSを活用した低コストの内部統制管理ツール「Ai」のご紹介

  

  武村様は、Tokushima OSS Developers' Groupの若手女性のホープですが、

  自治体のシステム導入に対するコスト低減への要望に応えるため、AiシリーズをOSSを活用して開発したことの

 経緯の紹介や動作画面の実演などが行われました。

 

 DSCF2983.JPG

 

 

4 鳴門教育大学 曽根准教授様

 

  「OSSを利用した迷惑メール対策と標的型攻撃の被害に遭わないためのTips」

 

  このところ毎度のように発表でお世話になっている曽根先生には、

標的型メールが問題になってきている中で、RBL(リアルタイムブラックリスト)の活用による迷惑メール対策を

行っていることやAdobeReader設定の変更による対策などの紹介がありました。


 DSCF3016.jpg

 

 

 

5 その他

 

次のイベントの開催予定の紹介がありました。

 

 平成25年1月21日(月) 第5回徳島ICT研究協議会講演会 

 

 平成25年1月25日(金) 第8回SOHOセミナー 

 

                  GDG Shikoku #37テクニカルセッション